会社設立の方法Topへ

 >  会社設立についての情報
 >  会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩

中桐 啓貴

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩

定価: ¥ 1,470

販売価格: ¥ 1,470

人気ランキング: 92135位

おすすめ度:

発売日: 2007-05

発売元: クロスメディア・パブリッシング

発送可能時期: 通常24時間以内に発送



著者の思いが伝わる1冊!!
私同様、投資に詳しくない方が読めば、本書が投資へのハードルを一段下げてくれると思います。他のレビューを見ると、賛否両論の本籍ですが私は良書に出会えたと感謝しています。文章から「投資がより身近なモノになり、多くの人に幸せになってほしい」という著者の思いが伝わってきました。何よりも、数字や手法や論理のみに固執せず、心がある文章でした。

投資の基礎をわかりやすく読みやすく伝えるのはとても大変だったと思います。他のレビューで「小学校高学年に使える…」といった文章がありましたが、それは素晴らしいことではないでしょうか。

「難しいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く…」

とは井上ひさしさんの言葉ですが、本書にぴったりです。

評価が分かれたのは本書の題名を見て購入された方の中で、イメージと違う内容だと感じた方が多かったからだと思います。もっと読者ターゲットが明確にわかる題名だったら良かったかもしれません。



投資の入門書に最適と感じます。

初心者向け。内容は一般的。読みやすい。
内容は、投資関係のHPや雑誌に書かれているのと

大差はないようにも思えますが、説明がわかりやすく

初心者が把握すべきポイントは外してない。

ただ、投資についてある程度勉強されている方には物足りないでしょう。

読書対象者は、投資に興味を持ち始めたサラリーマン、と

いったところだと思います。

複雑な理論を展開することもないので、投資に詳しい友人に

基礎を教わっているような気分で読めて良い本だと思います。

ただ、内容の割にはちょっと高いですね。





随所に参考になる箇所あり
 かなり厳しいレビューが続いておりますが、私にとっては随所に参考になる箇所がありました。

 「株価というのは会社の金庫の中にあるお金と将来稼ぐお金を足したものになります。」というのは教科書的かもしれませんが、このBPS(1株株主資本)とPBR(株価純資産倍率)という考え方のみを株式投資のルールとして説明している本は他に類をみないと思います。簡単に言えば、バリュー投資をせよということにつながるのですが、PERについて一言も触れていないところにオリジナリティがあります。

 グローバル投資の必要性について触れ、誰でもできるグローバルな分散投資手法として投資信託を紹介するあたりは、さすが、現役のフィナンシャル・プランナーと言えましょう。

 厳しい評価となっているのは、おそらく分散投資を力説する一方で「億万長者になれる」という言い方が嘘っぽく聞こえるからではないでしょうか。理論的にはローリスクに対してはローリターンでしかありません。

 しかし、著者が言っているのは、分散投資しながら、長期に投資することと、コツコツ積み立てることにより元本を大きくすることで、大きな手取り(リターン)を得ることを言っており、それを可能にするのが1口1万円から投資できる投資信託だという方法論を示しているのだと思います。そして、「株式というのは最終的に右肩上がりで上昇していく」という資本主義の成長理論が暗黙の前提になっています。

 著者の考えは、多少断定的でセンセーショナルに書いているところを割引けば、首尾一貫しており論理矛盾も起こしていないと思います。

ブックマークに追加する

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://uranutes.net/mt/mt-tb.cgi/1332

会社設立の方法Top >  会社設立についての情報 >  会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩



Google


▼ カテゴリー

▼ 関連サイト

▼ RSS

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

track feed

My Yahoo!に追加

Add to Google

  • seo
Supported by 楽天ウェブサービス